トップページ > 旅のお役立ち情報 > 海外の電圧とプラグ
インターネット契約のご案内
資料請求(郵送申込)のご案内

海外の電圧とプラグOverseas voltage and plug

日本より電圧の高い地域で日本のパソコンをそのまま使用すると壊れてしまう危険があります。またコンセントの形状も異なる場合があるので注意しましょう。

《目次》海外の電圧とプラグについて

プラグの形状Form of a plug

プラグ(電源コンセント)の形状

海外ではコンセントの形もさまざま。日本で使われているものはアメリカ、カナダなどと同じくA型です。日本の電気製品を海外で使うためには、各国のプラグ(電源コンセント)形状に変換する電源コンセントアダプタが必要です。 また、パソコンで利用する各国の電話回線プラグの違いにも注意しましょう!最近はデジタル回線を利用した通信回線環境も増えています。アナログ回線でネット接続を行うと、モデムが破損する場合もあります。あらかじめ滞在先の通信環境を調べておきましょう。モデムチェッカーやモデムカプラー(電流や配線の特性を調べたり配線を切り替えできる機器)を用意しておくと役に立ちます。

海外の電圧

日本で使われている電圧は100ボルトですが、他の国では110~120ボルト、あるいは220~240ボルトが使われています。パソコンに対応する電圧は、パソコン本体あるいはACアダプタに記載されている電源仕様を見ることで判断できます。「lNPUT100V(または入力電圧100V)」とあれば、その製品は100ボルト専用。高電圧国で使用するのであれば、変圧器が必要です。 ノートパソコンの場合、本体は高電圧に対応していても、アダプタ電源が対応していない場合がありますので、ご注意ください。 また、デジタルカメラや携帯電話を持っていく場合にも各機器の対応電圧を調べておく必要があります。

変換プラグと変圧器のご案内(提携/RHトラベラー)

変換プラグのご案内
変圧器のご案内

その他の機器

▼乾電池について
乾電池は、世界中で手軽に手に入るとは限りません。単1~単3の乾電池は、ほとんどの国や地域で入手できますが、それ以外の乾電池(単4乾電池など)は入手が難しいのが現状です。

▼テレビやラジオについて
ラジオの放送電波や周波数帯域、テレビやビデオの放送・カラー・チャンネル・ステレオなどのすべての方式に違いがあります。事前に各国の電気事情の確認が必要です。



各国の電圧とプラグの形状Voltage and plug of each country

【ご注意!】海外現地最新情報および滞在先の設備状況を必ず確認する必要があります。
※以下の表はあくまでも目安です。中国やインドなど国土の広い国では、地域によってプラグの形状は数種類あります。またホテルによっては特殊なコンセントが設置されている場合がございます。ご出発の前に、関係機関・ホテル等にお確かめください。
※海外のホテルの浴室では、シェーバー専用に電力を低く(約20Wまで)制御したコンセントを設置してある場合があります。もし電気製品(ドライヤー・ポット等)が動作しない場合には、室内のコンセントをご使用ください。

変換プラグと変圧器のご案内(提携/RHトラベラー)

変換プラグのご案内
変圧器のご案内

変換プラグと変圧器のご案内(提携/RHトラベラー)

変換プラグのご案内
変圧器のご案内


貴方に適切な海外旅行保険をコーディネートします。
資料請求(郵送申込)のご案内
インターネット契約のご案内

フリーダイヤルのご案内


SITE MENU

Copyright © AIU海外旅行保険プラザ

お知らせ